シロアリ駆除の基礎知識

ベイト工法のメリット



ベイト工法のメリット

ベイト工法のメリット シロアリ駆除の工法にはエリア工法とベイト工法がよく利用されています。
この中でもベイト工法は簡単な作業で効果的にシロアリ駆除が行えるため広く用いられているものです。
この方法はシロアリが発生する場所やその周辺に毒餌を散布することで、シロアリがこの餌を持ち帰り食べることになるため巣の中にいる全てを駆除することができる非常に効率の良い方法となっています。
また通常外には出てこないアリについても駆除できるため、巣を壊滅させるために非常に有効な方法です。
エリア工法の場合には周囲に薬剤を散布することになるためその臭いが非常に気になってしまうことが多いのですが、ベイト工法の場合は臭いも非常に少ないため家を汚すこともありません。
そのためこの方法は多くのシロアリ駆除の場面でよく利用されています。
ただし、季節や環境によっては高い効果が得られないこともあるため、その条件について十分に確認してから行うことが重要です。

バリア工法のメリット

バリア工法のメリット 様々な方法があるシロアリ駆除ですが、従来から用いられている代表的なものにバリア工法があります。
ベイト工法のメリットは、既に家の中に発生しているシロアリ駆除を速やかにできる点です。
薬剤を用いて行う方法なのでシロアリが侵入してくる経路にも処理することができます。
そのため、シロアリがまだ発生していない場合にも効果を得ることができるのもメリットの一つです。
既に家屋の中でシロアリが発生している場合は、侵入を防ぐだけでは効果を得ることができません。
バリア工法は発生しているシロアリに対して即効性があり、侵入してくる経路も同時に防ぐことができることです。
シロアリ駆除対策では、最も普及している工法で、工事を行う時の費用の安さもメリットの一つになっています。
工事の進め方の特徴は、木材にドリルなどで穴を開けた部分に薬剤を注入したり発生しやすい箇所に散布などを床下から行う点です。
シロアリ被害を受けている箇所によっては、床下からではなく室内から直接工事を行うこともあります。
シロアリ駆除で最も用いられているバリア工法のメリットは、即効性があることや費用が安いことなどです。

新着情報

◎2019/2/18

雨の日でも予定通り施工される
の情報を更新しました。

◎2018/12/21

駆除で使用する薬剤
の情報を更新しました。

◎2018/10/17

床下のシロアリ駆除の方法
の情報を更新しました。

◎2018/8/23

シロアリ駆除のペットへの影響
の情報を更新しました。

◎2018/5/21

ベイト工法のメリット
の情報を更新しました。

◎2018/3/16

サイト公開しました

「駆除 方法 」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@fK1zr4cbEIPupru 結構いろんな駆除方法でてきますねww とりあえず最初は殺虫剤で弱らせる所からやりましょうか😇w

Twitterアラサー母ちゃん。@WTPMJGdatjmd

返信 リツイート 15分前

アフリカの子供達を支援する最高の方法は、学校を建てることでも教科書を配ることでも先生を増やすことでもなく、腸内寄生虫の駆除薬を配ること。これだけで1人当たりの出席日数が2週間増え、将来の収入も2割増になる。おまけに薬はとうの昔に特許が切れてて格安。これが経済学の力か〜

さてカメムシ地獄に戻るか…(´-ω-`) あれらを完全駆除してくれる方法考えた方にはおっさんから賞を差し上げる(´・ε・`)

返信先:@RiToLu3 ヒルは生物に噛みついて吸血する生き物ですが、退治する一般的な方法としては塩をかけて体の水分を奪う事で駆除したりしますよ。 川などに生息し、田んぼなどの浅い水辺では泳いで移動します。 また、先ほど書いたナミウズムシは目が2つあり、切断しても2つに分裂する、さらに不思議な生き物です。

ハムちゃん、アホ鳥駆除方法を考えるの巻〜

RT @t_takeya: 琵琶湖畔で2009年に確認された外来水生植物 #オオバナミズキンバイ駆除方法を視察しました。一時期は、船が動けなくなるほど広範に繁殖。2013年駆除開始後、減少していますが、まだ数年はかかる見込み。最近は関東でも繁殖が見られると聞きました。要注意…

TwitterSEKAI NO OWARIとともに@brushup20170101

返信 リツイート 昨日 20:53

返信先:@chatblanc111他1人 昔の船乗りもネズミ対策にぬこを船に乗せてましたしねぇ。一番有効な駆除方法だったりします。

RT @t_takeya: 琵琶湖畔で2009年に確認された外来水生植物 #オオバナミズキンバイ駆除方法を視察しました。一時期は、船が動けなくなるほど広範に繁殖。2013年駆除開始後、減少していますが、まだ数年はかかる見込み。最近は関東でも繁殖が見られると聞きました。要注意…

RT @t_takeya: 琵琶湖畔で2009年に確認された外来水生植物 #オオバナミズキンバイ駆除方法を視察しました。一時期は、船が動けなくなるほど広範に繁殖。2013年駆除開始後、減少していますが、まだ数年はかかる見込み。最近は関東でも繁殖が見られると聞きました。要注意…

駆除はしないで双方とも住める方法があればいいんだけど……🤔 #どさんこワイド